帰国子女の英語維持

小学生の英語多読のやり方・環境の作り方|4年生でハマった子供ウケ抜群の洋書

CaptainUnderpants
お子さんが読みたくなるような英語の本を探していますか?
お子さんは英語が得意で本を読むのも好きだけど、難しそうなのは読みたくないタイプですか?
 
けいちょこ

それならピッタリの本があります!

Captain Underpants シリーズ

アメリカでも大人気の子供ウケ抜群の本です。

この記事でわかること

  • アメリカでも人気!Captain Underpants シリーズ
  • 小学生の英語多読のやり方・環境の作り方
娘は4年生で Captain Underpants シリーズに出会い、魅力にハマってすごい勢いで読んでいました。

ただただ楽しい本をサクッと読みたい、という場合はおすすめです。

子供が英語の本を読みたくなる環境の作り方も自分の経験を書いています。

※この記事でご紹介する英語の本は、英語をある程度読めるお子さん向けです。

これから英語多読を始めるお子さんには、断然こちらがおすすめです↓

子供ウケ抜群!Captain Underpants シリーズ

小学生英語多読Captain Underpants シリーズ

アメリカでも大人気!3800万部の大ヒット!

いたずら好きの男の子2人組とパンツ一丁の勘違いスーパーヒーローのドタバタストーリー!

中学1年生までアメリカに住んでいたお子さんのお母さんに、
「Captain Underpants は子供は好きだよー」
と勧めてもらいました。

娘に「Captain Underpants って知ってる?」と聞くと、
「知ってる!!」とめっちゃいい反応。
以前飛行機で映画を見ておもしろかった、とのことでした。

「本があるなら読みたい!」ということで注文。
1冊目を読み終えたら次も次も…と楽しそうに読んでいました。

Captain Underpants の感想

小学生英語多読Captain Underpants 1

The Adventures of Captain Underpants

シリーズ1冊目、Captain Underpants 誕生のストーリーです。

私も読みました。

けいちょこ

超くだらなくておもしろいです!


スーパーヒーローはパンツ一丁だし、敵はオムツだし、他にもパンツとかオムツにまつわるアイテムも出てくるし、おもしろいイタズラも盛りだくさん。

小学生の男の子はこういうの好きな子、多いと思います。

娘は全然男の子っぽい性格ではないのですが、見事にハマっていたので女の子にもおすすめです。

私も楽しく読めたので、小学生に限らず、中学生〜大人まで、気軽に挑戦できる洋書です。

ネイティブの小学生向けの英語の本

小学生英語多読Captain Underpants 中のページ

内容のおもしろさと平易な文章でサクっと読めるのですが、子供向けとはいっても、英語ネイティブじゃないと、知らないような単語もたくさん出てきます。

娘は年少から小学校 1年生までアメリカに住んでいたので、帰国して数年経ちますが、英語はそれなりに得意で、ネイティブの子供が使うような単語が身についていたりします。

私は読んでいてわからない単語がたくさん出てきました。

それでもいちいち辞書をひかなくてもだいたい意味を理解することはできたので、どうしても気になる単語だけ調べていました。

単語が多少わからなくても文章が易しいので、サクサク読めてストレスフリーです。

Captain Underpants シリーズ 1
   
子供が小学校2年生の時にハマった英語の本はこちら↓
 

小学生の英語多読のやり方・環境の作り方

小学生が英語の本を自ら積極的に読書するには、親の環境作りが大切ですよね。

今この記事を読んでくださっている皆さんのお子さんは、自ら読書を楽しんでいるお子さんもいると思います。
 
でも、日本語の読みたい本がたくさんあって、英語の本は最近あまり読んでいないかも…と思う時ありませんか?

そんな時を乗り越えるためにしていることを書いてみます。

子供が読みたい英語の本を本棚に置く

基本的には子供が読みたいと思う英語の本を用意しています。

けいちょこ
成長とともに子供に読んでほしい本もあったりするので、おすすめしてみたりはしますが、なかなか採用されません(笑)
誰かに勧められても読みたいと思わなければ、日本語の本でも読まないですよね。
 
本を購入する費用もかかりますが、我が家では日本語の本は図書館を利用して、英語の本は図書館に無いものが多いので買っています。
 

親も子供が選んだ本を読んで、感想を話し合う

私は英語が苦手なのでちょっと大変なのですが、子供が読んでいる本に関心を持って感想を話し合うと楽しいです。

このCaptain Underpants は20章に分かれていて、1つの章は5分もあれば読めてしまうので、気軽に継続できてちょっとずつ何日かかけて読み終えました。

親が自分で読みたい英語の本を読む

子供向けの本ばかりでは大人にはやっぱりつまらなく感じることもあります。

自分で選んだ本を読むことで自分のモチベーションも維持できますし、お母さん(お父さん)も英語の本を楽しんでいるという事実が子供にポジティブな影響を与えていると感じています。
 
私が読んでいる本は子供向けじゃないというだけで、読みやすくて簡単な本です。
 

↓楽天で検索↓
ラダーシリーズ 

↓Amazonで検索↓
ラダーシリーズ

 

親が読むのは英語の本じゃなくてもいい

英語が苦手だと、どんなに簡単だからとか、すぐ読めるとか言われても英語の本を開くことがすごく嫌で気が重かったりしますよね。

そんな時は英語の本じゃなくてもいいんです。
日本語で書かれている本で十分です。

親が読書を楽しむ姿を子供に見せることが、英語の本を読む環境作りにつながります。

英語が苦手なママにとっておきな情報

小学生英語多読Captain Underpants パンツマンたんじょうのひみつ
Captain Underpants は、実は日本語でも読めるんです。
内容は全く一緒です。
けいちょこ
途中でパラパラ漫画になる部分もそのままです。
 
日本語で読んでおけば、英語の本を読まなくても、お子さんと本の内容について感想を話し合えます。
 
親が英語が苦手でも大丈夫。できることはあるはず!
不安になることもありますが、子供と自分を信じて、一緒に頑張りましょう!
今日も一歩前へ。
Captain Underpants シリーズ 1

 

-帰国子女の英語維持
-