子育て・健康

【1歳の知育玩具おすすめ】コスパ抜群!買ってよかったおもちゃ

1歳おすすめ知育玩具

1歳の子供におすすめの知育玩具を知りたい!

1歳にはどんな知育玩具がいいの?

「すぐに飽きて使わなくなる」おもちゃはいらない。
長く遊んでくれるおもちゃは何?

 

この記事では、こういった疑問に答えます。

この記事の内容は、「1歳にはどんな知育玩具が良いか」、「1歳におすすめの知育玩具」を実際に買って良かった理由と共にまとめました

 

この記事を書いている私は、現在8歳の息子と12歳の娘がいます。
小さい時から先取り学習は家庭でも習い事でも一切せず、学力よりも性格を築くことを大切にしてきました。やり抜く力や誠実さ、自制心、困難な状況でも折れない心などです。これらは「非認知能力」と言われ、幼少期からの形成がその後の人生において重要であると様々な研究から明らかになってきています。(後述)

子供が成長してきた今、1歳の頃を振り返って、

・遊びの中から学べるおもちゃ
・女の子も男の子もよく遊んだおもちゃ
・性格の強みを引き出してくれるおもちゃ
・コスパに優れた飽きずに長く遊べるおもちゃ

そういったおもちゃを厳選してご紹介します。

 

1歳にはどんな知育玩具がいいの?

1歳の子供のおもちゃ選び。誕生日やクリスマスプレゼントとして、遊びの中に学びがあるおもちゃを選びたいと考える方は多いと思います。

幼少期に人間性、性格の強み、いわゆる「非認知能力」を育むことがその後の人生において非常に重要だということが近年明らかになってきました。
非認知能力とは自制心・誠実さ・やり抜く力・レジリエンス(困難な状況からの回復力)・粘り強さ・楽観主義といったIQなどで測れない内面の力です。

メンタリストのDaiGoさんもおすすめされている本です。私は子供が大きくなってからこの本に出会いましたが、もっと子供が小さいときに出会いたかった本です。もちろん子供が小学生になってからでもこの本からの学びがたくさんありました。

本に記載されていますが、1歳ごろまでは親の愛情をしっかりと感じることが大切です。一番身近な親との関わりから人とのつながり、関係性を感じて育つので、愛情いっぱいで満たしたいですよね。親の行動に興味を持って真似をしたり、おもしろいと思った事やほめられたことを繰り返したりするので、親が一緒に遊んだり、近くで見ていて声をかけることが大切だと思います。

この時期はいろいろな感覚を刺激して、楽しいと思うことに夢中になって繰り返し遊べる知育玩具がおすすめです。

1歳の子供におすすめの知育玩具

光るコロコロの木

光るコロコロの木

これは1歳~2歳の頃、子供達が夢中になったおもちゃです。
かわいい動物のボールをつかんで、木のてっぺんにある穴に入れる!手を使った遊びが活発になってくるこの時期、「つかんで」「穴に入れる」は子供が大好きな動きです。ボールが大きいのでつかみやすく、誤飲の心配もありません。ボールが転がるスピードもゆっくりで目で追いやすいですし、木の向こう側で見えなくなってまた出てくるという動きも見えない場所でのボールの動きを想像できていいと思います。

電源はON/OFFの切り替えができるようになっていて、OFFにしてゴロゴロという物質の自然な音を楽しむことも、ONにしてピロローンという音やカラフルな光を楽しむこともできます。

下のストッパーでボールを止めて、座ったまま「ボールをつかんでは上の穴に入れる」を繰り返すことで、ジッとボールの動きを観察することもできますし、ストッパーの向きを変えるとボールが下で止まらずにそのままコロコロ〜と転がって行ってしまうので、歩き始めた子は歩いてボールのところに行ってしゃがんでボールを取って、と何度も立ち上がってボールを穴に入れる全身運動をすることもできます。この全身運動の繰り返しは、この時期の子供にとって素晴らしい刺激になり、体を使う感覚を養ってくれます。

光るコロコロの木は本当におすすめなのですが、なんと現在生産が終了しているようです…。在庫限りなので、在庫があるお店を見つけたらラッキーですね。
Amazonでは少し違うバージョンのものが残りわずかですがあります。

 

ネットで光るコロコロの木をなかなか見つけられなかったのですが、探しているうちにこれも良さそうだなと思いました。実際にクーゲルバーンで遊んだことはないのですが、ご参考までに。コースも作れるから長く活躍してくれそうですね。1歳だと少し早いかもしれません。

 

スイスイお絵かき

知育玩具1歳スイスイおえかき

これも長く活躍し続けてくれるおもちゃです。上の写真は今のものよりバージョンが古いです。
水を入れたペンや水を含ませたパッドにスタンプを押しつけてお絵かきするので安全ですし、家の中が汚れず、乾いたら何度でも描けます。

1歳になったばかりだとペンを握って何かを描くのは結構難しいですが、手や足を濡らして手形・足形をつけて遊んだり、スタンプで遊ぶと意外と腕の力が必要で、グッと押す動作の良い練習になります。水で濡らしたパッドにスタンプをグッと押しつけて、シートにもグッと押す。最初はパッドにしっかり水を含ませておいた方が遊びやすいです。スタンプは形も違いますし、いくつも重ねたりしておもしろい形を作ることができます。

そしてこのおもちゃもパッドのところまで行ってしゃがんで水をつけて、描きたいところに行って描くので良い全身運動になります。

コップがさね

知育玩具1歳コップがさね

手で「握る」だけでなく「積む」こともできるようになってくるので、このおもちゃもこの時期大好きでした。

コップの大きさの違いや上下の向きもあるので、意外な積み方になったりして、「あれ?」という感覚が子供の好奇心を刺激してくれます。順番通りに積めるようになってくると、高く積み上げて一番上にくまちゃんを乗せて子供は達成感を得てご機嫌になります。

このおもちゃでできる遊びは「積み上げる」以外にもたくさんあります。
ひっくり返して「入れ子」にも興味を持って試行錯誤するようになりますし、大きいコップで小さいコップを隠して「小さいコップが隠れているのは右・左どっち?」みたいな遊びも良くしました。「コップを立ててコロコロ転がす」のも不安定な進み方やカーブの大きさの違いなど子供はとても楽しいようです。この遊びも散らばったコップを取りに行くので、立ち上がって歩いてしゃがんで…という全身運動にもなります。

たいこ付きのうたのおもちゃ

知育玩具1歳たいこのうた

1歳の子供はバンバン叩くの好きですよね。叩いて音が出る打楽器のようなおもちゃも夢中で遊んでいました。

どんなものでも叩いたら音が出るので楽しく叩けるものならなんでもいいと思うのですが、好きな曲が流れてウキウキした気持ちでバンバン叩けたらより楽しいのかなと思います。腕をコントロールして出したい音を「狙って」叩けるようになってきます。

このおもちゃは低めのテーブルの上で遊ぶと子供は立った状態で音を出すので、音楽に合わせて下半身も使った大きな動きをしやすいです。リズムに乗って膝を曲げたり伸ばしたり、走り回ったりといった動きに自然に繋がります。床に置いていても立ち上がってダンスを始めるんですけどね(笑)

【1歳の知育玩具おすすめ】コスパ抜群!おもちゃまとめ

実際に私が買って良かったと思う「1歳の子供におすすめの知育玩具」についてまとめました。

ここでご紹介した知育玩具はすぐ飽きてしまうようなおもちゃではなく、子供達が長く遊んだコスパ抜群のおもちゃです。もし飽きてしまったと感じても、しばらくしまっておくとまた夢中で遊ぶようになります。

手足や指、全身を動かす感覚を養ったりジッと観察したり音や色、形を認識したり、お子さんの成長を引き出してくれる夢中になるおもちゃが見つかりますように。


2歳におすすめの知育玩具の記事でご紹介しているおもちゃも、良かったらチェックしてみてくださいね。

[temp id=2]

 

-子育て・健康
-