子育て・健康

【2歳の知育玩具おすすめ】男の子も女の子も長く遊べるおもちゃ

2歳におすすめの知育玩具

2歳の子供におすすめの知育玩具を知りたい!

2歳にはどんな知育玩具がいいの?

すぐに飽きるおもちゃはいらない。
長く遊べるおもちゃは何?

 

この記事ではこういった疑問に答えます。

この記事の内容は、「2歳にはどんな知育玩具が良いか」、「2歳におすすめの知育玩具」を実際に使って良かった理由と共にまとめました

 

この記事を書いている私は、現在8歳の息子と12歳の娘がいます。
小さい時から先取り学習は家庭でも習い事でも一切せず、学力よりも性格の強みを築くことを大切にしてきました。やり抜く力や誠実さ、自制心、困難な状況でも折れない心などです。これらは「非認知能力」と言われ、幼少期からの形成がその後の人生において重要であると様々な研究から明らかになってきています。(後述)

子供が成長してきた今、2歳の頃を振り返って、

・遊びの中から学べるおもちゃ
・女の子も男の子もよく遊んだおもちゃ
・性格の強みを引き出してくれるおもちゃ
・コスパに優れた飽きずに長く遊べるおもちゃ

そういったおもちゃを厳選してご紹介します。

2歳にはどんな知育玩具がいいの?

2歳の子供のおもちゃ選び。誕生日やクリスマスプレゼントとして遊びの中に学びがあるおもちゃを選びたいと考える方は多いと思います。

幼少期に人間性、性格の強み、いわゆる「非認知能力」を育むことがその後の人生において非常に重要だということが近年明らかになってきました。
非認知能力とは自制心・誠実さ・やり抜く力・レジリエンス(困難な状況からの回復力)・粘り強さ・楽観主義といったIQなどで測れない内面の力です。

 

   
メンタリストのDaiGoさんもおすすめされている本です。私は子供が大きくなってからこの本に出会いましたが、もっと子供が小さいときに出会いたかった本です。もちろん子供が小学生になってからでもこの本からの学びがたくさんありました。

3歳未満までが子供の発達を促すチャンスだと本には書かれています。将来の学力向上のためには、2歳の時期の学力向上より、性格の強みを築くことが重要です。そしてその強みを伸ばすためには親の「ちょうど良い」サポートも大切です。
2歳になるとイヤイヤ期の時期ですよね。自我が芽生え、何でも自分でやりたい!でもうまくできなくてご機嫌ナナメ…。あるあるですね。ついつい先回りして手伝ってしまいたくなるところですが、そこはグッと我慢が必要です…とかそんなの何回聞いた?!って感じですよね(笑)
後で紹介するプラレールを息子の2歳の誕生日にもらったのですが、プレゼントをくれた友人は、箱から出した途端自分でどんどんレールを並べて、完成してから息子に遊ばせてくれました。この遊び方、もったいないですよね(笑)友人のニコニコ笑顔と息子の微妙な顔を思い出すと今でも笑ってしまいます。

この時期は自分で頑張ってできた!という満足感を感じることができて、どんどんチャレンジしたい!という意欲を育む知育玩具がおすすめです。

2歳の子供におすすめの知育玩具

パズル

1歳のころから子供は型にはめる遊びが好きですよね。型はめの延長で少し複雑なパズルも楽しくできるようになってきます。下にピースの型がついた台紙付きのパズルが最初は遊びやすかったです。

2歳になると、これとこれは同じ、これは違うなど、比較して分類することができるようになります。色や形などを見て判断するパズルはこの時期子供が夢中になりました。パズルは集中力も養ってくれます。2歳の後半になると、パズルをしている間の子供の集中力の高さと目の動きに驚かされました。

台紙付きのパズルは安いものもたくさんあるので、好きな絵でピースの数がお子さんの難易度的にちょうどいい「頑張って一人でできた!」感覚を得られるものと、ちょっと難し目で「ヒントがあるとできる」ものを用意してあげるといいと思います。

 

アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんDX

知育玩具2歳アンパンマンことばずかん

子供がいる家庭に1つは必ずあるのでは?というほど、有名なアンパンマンのことばずかん。我が家は1歳後半で1ついただいて、3歳の時にもう一ついただきました(笑)まさに子供が夢中になるおもちゃ!

2歳になるとおしゃべりが格段に上手になり、単語から二語分、文章を使った表現に変わってきますよね。また語彙の吸収スピードも早く、聞いた言葉をどんどん覚えていきます。

このおもちゃはアンパンマンがタッチペンから話しかけてくれて、目で絵を見ながら耳で音声を聞いて、身の回りのいろいろな言葉を覚えることができます。子供はこのおもちゃが本当に好きで、しばらく一人の世界を楽しみます。この時期ご飯の準備をするときに何度も助けられました。

 

プラレール

知育玩具2歳プラレール

男の子のイメージがありますが、女の子も楽しいです。レールの凸凹を判断してはめる、レールの先をどんなふうにつないでいくか、子供達はワクワクしながら遊んでいました。

2歳の頃はいつもレールの先は切りっぱなしで、向こうの方まで行ってしまった電車をとりに行っては、またスタートして…を繰り返していました。カーブしたり切り替えがあったり、トンネルを設置したり、電車の動きを予想しながら遊ぶことができるのもいいと思います。

また、プラレールはこんな悩みを聞くことがあります。

プラレールが好きな子供のためにレールや電車などたくさん買ったのに、最近全然遊んでくれない。卒業かな。

これは他のおもちゃでもそうなのですが、子供が飽きてしまった様子なら一度片付けて見えないところに置いておいて、しばらくして出すとまた新しいおもちゃに出会ったかのように遊んでくれます。また、置き場所を変えてみることも試してみてください。例えば、リビングで遊んでいたおもちゃを子供部屋に置いたり、リビングの中でもキッチンの近くとか、置き場所を変えるだけでも子供にとっては変化を感じて好奇心を刺激されるようです。プラレールの場合は、置く場所が変わると子供が作るコースも変わったりしておもしろいです。

 

1歳の記事でもご紹介したクーゲルバーンも、2歳ならコースを自分で作って遊ぶことができるので楽しいと思います!

楽器(鍵盤・木琴・鉄琴)

バンバン叩くのが大好きな子供ですが、2歳になると叩く場所で音階が変化する鍵盤や木琴、鉄琴などに興味が出てきます。ただ叩いて音を楽しんでいた1歳から、今度は的が小さくなるので、目で狙ったところを手の動きを調節して叩く、という動きになってきます。

カラフルな楽器だと、ドレミを覚えていなくても「赤、青、緑」のように色で識別できるので、親が叩いたリズムや音階を子供も覚えて弾きやすいです。クイズ形式で「黄色、黄色、白」と叩いたところを子供に見せて、子供が同じように弾いてみる遊びも楽しいです。

余談ですが、ピアノを習っている小学生の息子が最近ドラムも習いたいと言うので調べているのですが、やはり小さい時から楽器が身近にあると音感が育ちやすく、音感を育てるためには鍵盤楽器や木琴、鉄琴のような音階が変化する楽器が向いているそうです。

Amazonに動画があるので音色を確認できます↑

【2歳の知育玩具おすすめ】男の子も女の子も長く遊べるおもちゃ まとめ

実際に私が買ったりもらったりして良かったと思う「2歳の子供におすすめの知育玩具」についてまとめました。

ここでご紹介した知育玩具は、子供達が長く遊んだコスパ抜群のおもちゃです。もし飽きてしまったと感じても、しばらくしまっておくとまた夢中で遊ぶようになります。

お子さんが「自分で頑張ってできた」という満足感を感じて、どんどんチャレンジしたい!という意欲を育ててくれるおもちゃが見つかりますように。

1歳におすすめの知育玩具の記事でご紹介しているおもちゃは、2歳でもたくさん遊んだおもちゃばかりなので、良かったらチェックしてみてくださいね。

[temp id=2]

 

-子育て・健康
-