大人のやり直し英語

英会話のための 英文法 を学びたい

英会話のための英文法

独学で英会話できるようになりたい。そのために 英文法 を学ぶ必要がある。そう思ってはいるものの英文法を身につける方法がわからず探している時に、無視できない教材を知った。まさに「英会話のための英文法」。メルマガでのたくさんの言葉に勇気をもらって、今まで挫折だらけの英文法に挑戦してみることにした。

独学で英会話の勉強といってもなかなか難しい

英会話できるようになりたいと思いながらも努力は苦手。楽して英会話を上達させる方法を探しているうちに数年経っている…。

そんな情けない自分の目を覚まさせてくれたのは、ある英語教材開発者の方の言葉です。

英語学習の目的が「英語が話せるようになるため(英会話)」という人は…

「勉強」だと自覚している人がかなり少ない。

・単語帳で、コツコツと単語や熟語を覚える

・英文法教材で、英文法を学ぶ

・リスニング練習を積み重ねる

こういった「コツコツと自分で勉強すること」を実行できない人が多い。

酷い場合、こういったコツコツと自分で勉強することが必要だと自覚すらしていない人もいます。

英会話教室に通ってもコツコツと自分で勉強することなく、せいぜいレッスンの復習ぐらいというのでは、なかなか英会話は上達しないことは覚悟しておくべきです。

ー鈴木拓さんのメルマガからー

メルマガでの言葉ですが、まさに自分に語りかけられているように感じました。

「自分の英語が間違っていると言われたがイマイチ理由がわからない」

「英会話では、感覚で単語を並べているだけ」

これは、典型的な「英文法の力不足」の症状です。

ー鈴木拓さんのメルマガからー

またまた自分に語りかけられているような言葉・・・。はっきり言ってくれて何だかスッキリ。

これ以外にも、本当にその通りです、と自分に当てはまる言葉がたくさんありました。

今までの「暗記・感覚・日本語訳」から、

英文法をはじめとした「論理的な理解」にスタイル転換する必要がある

ー鈴木拓さんのメルマガからー

感覚だけの自分の英語から、本当に英語を論理的に理解できるようになるのだろうか。英語を論理的に理解できるのならしてみたい。

メルマガでの数々の言葉に背中を押されて、『 英会話のための英文法 G4C』という教材で英文法を学んでみようと思った。

英会話のための英文法 G4C

英会話のための英文法 G4C の開発者である鈴木拓さんの説明です。

英文法の中で、「英会話に必要な部分」だけを「狭く」学ぶ反面、必要な部分は、「知識だけでなく使い方も」、そして、「実際に英文を作る練習をする」という形で、「深く」学んでいただきます。

メール配信なので、習慣化できますし、

PDFファイルをお渡しするので、それよりも速いペースでやることもできます。

ネイティヴの音声つきですし、分からないところがありましたら、制作者である私に直接メールで質問していただけます。

ー鈴木拓さんのメルマガからー

↓こちらのwebサイトでとても詳しく説明されています。
英会話のための英文法 G4C

webサイトでは、無料サンプルを見ることもできます。

サンプルではwillとbe going toの違いについて解説されているのですが、何となく知っているつもりだったのに全然知らないことばかりでした。

しかもその知識を使って文章を作る問題が10問あり、なるほどー・・・と思いながら解きました。そしてその解説も丁寧で、しっかり考え方を教えてくれます。

体系的にもっと英文法を理解したい!と思いました。

英文法が苦手な自分にも響くのか。効果があるのか。今年も残すところ3ヶ月。期待を込めて頑張ってみよう。

無料のメルマガだけでもおすすめ

教材の値段が安くはないので、『 英会話のための英文法 G4C』は良さそうだなと思ってからも、すぐには申し込めませんでした。

しばらくの間はメールマガジンの登録だけして、メルマガを読んでいました。

メルマガを読むだけでも、英会話のための勉強を頑張ろうという気持ちを強く後押ししてもらえます。 私は勝手に励ましてもらったと思ってます。独学で英会話の勉強をしている英語初心者の方は無料のメルマガだけでもおすすめです。

メルマガの登録や詳細についてはこちらから。
英会話のための英文法 G4C

[temp id=2]

 

-大人のやり直し英語
-