初心者の子供の英語

小学生の英語体験の効果|サマースクールを選ぶポイント

アルファベットabc

小学生になった息子は夏休みに初めてサマースクールに参加しました。

息子は期待以上にしっかりと英語の刺激を受けてきて、家で英語で会話したいと言うようになって驚きました。

英語初心者の 小学生夏休み のサマースクールを選ぶ際のポイントをまとめました

ちなみに、もし参加したいサマースクールが近くになくても、自宅でできることもたくさんあります。

参加したサマースクールの内容

  • 2週間、朝9時から午後3時まで英語のみで一日過ごし、小学校と同じように時間割があり、いろいろな授業を受けた。
  • 一つのテーマ(今回は宇宙)に沿って英語の授業だけでなく、図工、音楽、コンピューターなどいろいろな授業で学んだ。
  • 科目ごとに担当の先生がかわるため、多くの人と関われた。
  • クラスはレベルごとに分かれており、子供同士は日本語でコミュニケーションをとっていた。
  • 体育やコンピューターを使ってゲームできる時間など子供が楽しみにしている時間が毎日あった。

サマースクールに参加した効果

息子の英語力について

息子は3歳の時にアメリカから帰国して、3年間日本で過ごしています。帰国してからあっという間に英語を忘れて、4ヶ月前から週に一度英語の習い事を始めました。

習い事ではリーディングのトレーニングが中心のため、簡単な単語が並ぶ短い文を読むことはできるけど、英会話は全くできない状態です。

サマースクールに参加した効果

いろいろな授業と熱意ある先生たちのおかげで英語の勉強ではなく、英語を使って楽しい経験をしたと感じられた様子でした。

積極的に英語を話そうとする同年代の子もクラスにいて、かなり刺激を受けていました。

今から英語で話そう!と積極的に英語で会話したがるようになってびっくり。

また、いろいろな授業を通して一つのテーマについて教えてもらったり考えたりすることで、子供の知識の定着と興味の広がりを感じました。

サマースクールに参加して感じたデメリット

とにかく夏休みの宿題が終わらない!!

2週間、朝8時前に出発して午後4時に帰宅していたので、夏休みの宿題がなかなか進まず、2学期の始業式の前日夜になんとか終わりました。

サマースクールに参加した他の保護者の方も同じことを言っていました。

感想

参加したサマースクールはプログラムが良く、友達に恵まれたこともあり、充実した2週間を過ごせたようでした。来年も必ず参加したい!と子供達は口を揃えています。

英語に興味を持ち、宇宙にも興味を持ち、英語で少しコミュニケーションをとることができたことが自信になっているように感じました。

これからも子供達が英語を身近に感じる機会をつくっていきたいと思いました。

英語初心者の小学生のサマースクールを選ぶ際のポイント

楽しかった!・・・だけではもったいない。

楽しく英語力を伸ばすことを目的とする』という言葉は、どの英語のプログラムのwebサイトにもパンフレットにも書いてあります。楽しいことは超重要だけど、それ以外にもいいところがあるプログラムを選びたいです。

ネイティブスピーカーの先生と遊ぶだけでは(我が家の)子供の英語に対する興味はそれほど湧いてこないです。

  • 10日間、9時から3時という長い時間英語のみのプログラムで過ごしたこと
  • 熱意ある複数の先生とスタッフ
  • 英語に興味を持っている同年代の子供が同じクラスにいること
  • 体育、音楽、コンピューターなど子供にとって魅力的な時間があること
  • 初心者だけを対象にしているところではなく、上級者向けのクラスもあるところ(できれば帰国子女や家庭で英語を話すお子さんが参加できるレベルまで)

特に最後のポイントは重要だと思います。

英語スクールは初心者を対象にしたものが多いです。特に初心者向けのクラスしかないスクールは、内容が薄いことが多いような気がします。

子供の英語力を伸ばすことを本当に目的とし、英語力を伸ばした子が通っていて、上級レベルの子供も楽しい、行きたい、と思える内容を提供できるところを選びたいです。

子供の英語教育にはお金がかかります。子供のためにも親としてシビアに見極めたいです。

[temp id=2]

-初心者の子供の英語
-