プロフィール

興味がコンパス!英語と子育てのブログプロフィール
けいちょこ

はじめまして。
興味がコンパス!英語と子育てのブログ管理人の けいちょこ です。

このブログは、子供の英語教育、大人のやり直し英語、子育て中の気づきに関する情報を、自分の経験や調べたことを基に伝えていくwebサイトです。

具体的には、

  • 子供に英語を身につけてほしいけど、何をすればいいかわからなくて困っている方
  • 子供のオンライン英会話を探している方
  • 英語が苦手で、やり直し英語学習をしたい方

に向けて、
子供と私自身の英語学習の経験や調べたことを書いています。

子育て中の気づき、健康に暮らすこと、生活を快適にしてくれるものなども載せています。

このブログが、読んでくださる方の背中を押すきっかけになればとても嬉しいです。

けいちょこ について

改めまして、けいちょこと申します。

大のチョコレート好きです。夫と子供2人の4人家族です。

娘が4歳、息子が1歳の時に、夫の仕事の都合で家族で渡米しました。

私は英語が苦手です。でも

けいちょこ

アメリカに住んだら英語話せるようになるでしょ!

と楽観的に考えていたのですが、現実はなかなか厳しかったです。

アメリカに住んでいる時に感じたのは、日本の英語教育で育ってきた私の英語は使い物にならない、という実感です。

特に語学学校では、筆記試験はいつもクラスでトップの成績なのに、みんなで会話をする時は私はほぼ存在しないも同然。

簡単な筆記試験ができないのに、ヨーロッパ出身の人も南米、中米、アジア出身の人もみんな私から見たらペラペラで、衝撃でした。

それはアメリカの小学校で、英語が母国語ではない子供の親の集まりに参加した時も同じでした。

子供は英語で話すのが苦手でも、親は英語で会話できるなんて、想定外すぎてビビりました。

他にも例を挙げるとキリがないです。

よく日本人は度胸がないから英語が話せないとか、正しく話そうとしすぎて英語が話せないとか言われているので、勝負に出たら連戦連敗でした笑

日本の中学高校の6年間の英語の勉強なんて、近所の人との挨拶もまともにできないレベルです。

英会話だけじゃなく、学校からの連絡や資料、地域のルールが書かれたもの、運転免許を取得するための筆記試験の問題、子供の友達のママからのメール・・・英文もまともに読解できません。

日本の英語教育が変わってきているとはいえ、家庭で将来を見据えた英語教育を考えていくことは、子供の未来の選択肢を増やすことにつながると思います。

そして、アメリカで義務教育開始後の子供達の、国語としての英語学習もとても興味深いものでした

アメリカで英語を学び始める子供達と、日本で英語を学び始める子供達との学習方法の違いには驚かされました。

娘はちょうど義務教育が始まる頃をアメリカで過ごし、先生の指導や宿題などから子供が英語を学び始めるときに何が重要なのかを知りました。

息子はアメリカに3歳まで住んでいて、英語でお友達とも会話できるようになっていましたが、日本に帰国後は無理に英語維持をせず、日本語をあっという間に吸収して英語はすっかり忘れました。

そんな日本育ちの息子が小学生になる頃、英語に興味を持ち始めたので英語教育を始めました。

完全に0からのスタートです。

アメリカでの娘の成長を目の当たりにしていたので、日本育ちの息子もアメリカの子供達と同じように英語を学ぶのがいいのではないか、と考えて、できる範囲で実践しています。

こちらの記事に、アメリカの小学校に子供が通う中で感じた英語教育について触れています。

英会話教室子供選び方
子供英語教室の選び方【アメリカの子供が学習するように学びたい】

子供の英語教室選び、たくさんの教室の中から選ぶのって本当に大変ですよね。この記事では、アメリカでの子育て経験から、子供の英語教室の選び方 のポイントを5つの項目にまとめました。おすすめの英語教室もご紹介します。

続きを見る

けいちょこ

せっかく子供が英語学習をするなら、使えない英語のために貴重な子供の時間をかけたくないなぁ、と思っています。

興味がコンパス!英語と子育てのブログについて

興味がコンパス!というブログ名は、「興味があること」が子育てにも英語学習にも大切、という思いからつけました。

私が「興味がコンパス!」というブログを運営することを決めたのは、思い返したくない苦い大失敗の経験からです。

子供の小児歯科矯正で、ネットの情報を鵜呑みにして大失敗した経験があります。

歯科医院にとって歯科矯正は儲かる分野なので、世間には広告が大量に溢れています。

私は当時ネットのリテラシーが低く、ウソの情報に騙されて50万円を無駄にしただけでなく、子供の健康にも影響を及ぼしかねない危険なことだったと後から調べて知りました。

「数年前の自分が信頼して読める、ウソのない情報を発信したい」

そう思ってブログを運営しています。

興味がコンパス!が目指す子供の英語教育

私は英語が得意ではないし、自分の力で子供をバイリンガルにしてあげたい、とは思っていません。

子供達が成長して英語を本気で勉強したいと思った時に、「自分の力で」学ぶものだと思います。

その時が来たら遠くまで飛んでいけるように助走をちょっと手伝いたい、と思って日々試行錯誤しています。

子供の英語教育って、とにかく不安を煽られがちですよね。

子供の英語教育について、私の思いはこちらに書いています。

英語の早期教育
子どもの英語教育は何歳から始めるべき?3歳の英語維持を辞めた理由

英語は何歳から始めるべき?子供の英語学習の情報の多さに圧倒されて、何かしなきゃ…と親として不安になったり焦ったりしますよね。この記事では、早期教育の効果を引き出すために必要なこと、3歳でアメリカから帰国した息子の英語維持をしなかった理由をまとめました。

続きを見る


子供が小学生になって、周りに幼児期から英語学習しているお友達がいたら、今まで英語やってない!どうしよう!と親としては焦りますよね。

出遅れた感、半端ないです笑

小学生から英語学習しても、中学生からでも高校生からでも、いつから英語学習を始めても本気で頑張れば追いつけるはず。

子育ては子供時代のかけがえのない時間を幸せな時間にすること、と思ってます。

興味あることをたくさんやらせてあげたいです。

焦らずいきましょ〜!

私が英語学習を続ける意味

けいちょこ

私が英語学習を続けているのは、2つ理由があります。

1つ目は、アメリカに住んでみて、アメリカの環境や文化、考え方、本当にいろんな人がいることなど、日本に住んでいた時には想像もできなかったことを知ることができました。

帰国後も細々と英語に興味を持ち続けているのは、自分が想像できないような世界をこれからも少しでも知るためです。

また、英語で海外の方と会話できたら単純に楽しいです。

でも英語が得意になる、というところまで勉強できないのが私の弱いところ。。。

2つ目は、子供の英語学習を応援・サポートするためには、自分が英語学習を続けることが大切だと感じているからです。

英語学習とはいっても、子供が読んでいる英語の本を読むとか、ゲームを英語でやってみるとか、そんなことでも私にとっては英語学習です。

たまに頑張るときもあります!

遅くても、一歩一歩、歩き続けて遠くまで。

ということで、はじめの一歩。