初心者の子供の英語

小学生の子供が家庭で英語を習慣化できた5つの理由

家庭で英語 を習慣化する

子供が英語学習をしていても、なかなか毎日の習慣にするのは難しいですよね。

我が家でも息子といろいろ試しながら、できるだけ毎日短時間でも 家庭で英語 に触れる機会をもつようにしてきました。息子が音源付きの英語の絵本を音読するようになって、1年以上。やっとリーディングを習慣化することができてきたと感じています。

この記事では、小学生が家庭で英語を習慣化させることができた5つの理由をまとめました。

小学生が 家庭で英語 を習慣化できた5つの理由

1年生になる頃から息子は、『毎日英語の絵本を3回音読する』という目標を実践してきました。単語数の少ない本からゆっくり進めて、1年以上続けることができています。家庭での英語の時間はわずかですが、今では簡単な英語の絵本を一人で音読して意味もだいたい理解できる、ということもあります。家庭でのわずかな時間の積み重ねの効果を目の当たりにしています。

英語を習い事に通わせるだけで終わらせない

家庭で英語 の絵本の音読を習慣化できるように取り組んできたことをまとめました。

1. おもしろくてちょっと短め

当たり前ですが、本の内容がおもしろいことは何より大切です。そして使われている単語が難しくないこと。毎日の音読時間は親からすると物足りない、っていうくらいの「ちょっと短め」がちょうどいいかもしれません。

息子はOxford Reading Treeシリーズを読んでいます。

Oxford Reading Tree 家庭で英語の始め方

10段階にレベル分けされていて、シリーズを読み進めていくと自然に使用する単語数が増えて、語彙力もつくように工夫されているようです。ストーリーにオチもあって息子は楽しく続けています。

 

 

こちらはStage1+の本で、息子が英語を習い始めた時に読んだものです。
短い文でリズムよく読めます。

Oxford Reading Tree (ストーリーブック6冊、CD1枚)

 

2.英語力をつけてどうなりたい?

英語が話せるようになって何をしたいか、ということを具体的にイメージできるように、気をつけています。英語をただの勉強と感じてほしくないからです。英語を使ってやりたいことや、なりたい自分を想像できると英語に向かうモチベーションが維持しやすいと思います。

息子の場合は、旅行で訪れて楽しかったハワイか、家が広くて家の前で雪遊びを思いっきりできたアメリカに住みたいと言っています。

同じ英語教室に通う高学年の男の子は、サッカー選手として将来必要になるので英語を勉強している、と言っていました。

3. 家庭で英語 を身近な存在にする

我が家は家族みんな大なり小なり英語の勉強をしています。娘は毎日英語の課題に取り組んだり、英語の本を読んだりしていますし、私も(簡単な)英文を覚えるためブツブツ呟いたり、英語に関することが家族全員の共通の話題になったりします。

また海外に頻繁に行って生英語を体験できればいいのですがなかなか難しいので、英語のサマーキャンプなどに参加して実際に英語に触れる機会を作るようにしています。息子はその度に刺激を受けて、英語に取り組む姿勢にも変化を感じます。海外やサマーキャンプで息子の成長した姿を目にするのは親としてもとても嬉しいです。

 

4.頑張っていることを認める!

子供が英語の音読をする時は、頑張っていることを認めるようにしています。

つい、そこは…とか、これはね…、と言いたくなりますが、伝える場合でも一日一つだけと決めています。昨日まで言えなかったところを言えるようになったりすると、自己肯定感も得られるようです。子供がリーディングモードに入ったら、私も褒めるモードに入ります。

5.実力がついてきたことを実感してもらう

最近は読んだことがない本を一人で音読して本の内容が理解できるようになってきて、息子自身も英語の力がついてきたことを実感しているようです。

以前は、読んだことがない本を初めて読むときは抵抗していましたが、最近はもしかしたら自分で読めるかもしれない、と自分を信じられるようになってきています。


次は我が家だけのポイントかも。

適度に怠ける

リーディングをする時は、やはり私が声をかけないと始まりません。私自身英語の勉強をするときは毎日怠けようとする自分との戦いです。だから子供の気持ちもよーくわかる!毎日ノリノリで自ら英語の音読するぞー!とはならないです。こんな記事を書いているけど英語の取り組み方に改善すべき点があるのかもしれません…。

我が家では子供に重荷になりそうだなという時と、私が忙しくて時間に余裕がない時は、やらないことにしています。

理由は、私がイライラしないように。

ということは子供が怠けているのではなく、やっぱり私が怠けているということですね…。親子共々ものすごく頑張っているわけではないけど、ちょっとずつを積み重ねてもう1年以上経ちました。その事実がとても嬉しいです。

[temp id=2]

 

 

-初心者の子供の英語
-