大人のやり直し英語

独学英語 勉強成功の秘訣にやっと気づいた!

独学英語 勉強方法

独学英語 学習はモチベーションが続かずどうしても挫折しがち。私はいつもそうです。なので、最近勉強スタイルを変えてみました。すると!あんなに嫌だった英単語帳を毎日開くようになり、英語で書かれた小説を初めて読了することができ、文法を復習するようになり、海外ドラマで今まで聞き取れなかっただろうと思うセリフを聞き取れるという経験をしています。単語、英文法、リーディング、リスニング、発音、いろいろ同時進行で勉強するメリットをお伝えします。


今までは一つの教材をやると決めたら、とにかくそれを最後までやりきることを目標に取り組んでいました。
それでもモチベーションが続かず、90%以上の確率で挫折。そんな意志の弱い私が、あれもこれも手を出しても上手くいくわけがないと思っていました。

でもたまたまいろいろ同時進行するような状況になり、やってみると意外なことにとても効果的な勉強方法だったことに気付きました。そして私の中の英語の存在意義も変化し、とても身近なものとして感じるようになりました。

いろいろ同時進行の 独学英語 学習状況

  • 語彙力強化
  • 初心者向けの英語の小説を読む
  • 英文法の復習
  • 海外ドラマでリスニングを鍛える(お楽しみ程度)

語彙力強化

DUO3.0英単語帳 独学英語

評判が良くて以前から気になっていたDUO3.0。ついに取り組み始めました。少しづつですが、できるだけ毎日続けるようにしています。

鈴木 陽一 (著)
 

初心者向けの英語の小説を読む

ラダーシリーズ 独学英語

洋書に挑戦する前に!
英語学習者向けに読みやすい工夫がされているラダーシリーズはおすすめです。初めて英語の小説を読了しました。読みやすかったです。

英文法の復習

英文法は少し前に「英会話のための英文法G4C」で勉強しました。

気になる文章があれば、英会話のための英文法G4C学習中にまとめたオリジナルノートで確認しています。

海外ドラマを楽しみながらリスニングを鍛える

今は Suits とか Good Doctor を見ています。
スクリプトを確認しながら何度も聞いて・・・というような真剣モードではなく楽しみ程度ですが、ながら鑑賞ではなく、気になったところは聞き直したりしながら気楽に楽しんでいます。

同時進行で実感したこと

さっき覚えた単語が海外ドラマで使われていて聞き取れた!

その後も一つのエピソードに1回は必ず出てくるような超重要な単語を今まで知らなかったなんて・・・と驚きました。
アメリカ大統領のスピーチでも覚えたての単語が聞こえました。

2日前に覚えた単語が、英語の小説で使われていた!

単語の意味を確認しなくても読み進めることができて、少し前の自分とは違う自分がここにいるという感覚になり、あんなに嫌だった「英単語を覚える」ということの重要性と必要性を実感しました。

英文法教材のレポートで知った表現を、海外ドラマの主人公が連発しているのに気づいた!

1つの表現を覚えるだけでいくつもの会話が聞き取れるようになって驚きました。他の登場人物が使うこともあって、日常会話でよく使われることと、どんな場面で実際に使うのかよくわかりました。

英文法教材のレポートで知った表現が英語の小説でも使われていた!

辞書だけでは伝わりにくいようなニュアンスも、その時フッと思い出すことができて小説の一場面をより具体的に鮮明に楽しめたと思います。

英語の小説を読んでいて英文の構造が気になった時に、理解できた!

英文法を勉強して不定詞の役割などが理解できていたためパッと読んだだけでは理解できなかった文も、文の構造を考えて理解できました。
理解できた文でも、文の構造が気になる時は文法を復習しました。


いろいろな瞬間に刺激が入り、脳内のあっちとこっちにあったものが結びつくような体験をしています。自分が楽しんでいる海外ドラマや英語の小説で、学習した内容が役立っているので、英語がただの勉強からぐっと身近な存在に感じられます

発音をちゃんと勉強したことがないという方は、発音の勉強を一緒にすることもおすすめです。
海外ドラマはもちろん、DUO3.0の文章を発音しながら覚える時にもたくさんの刺激を感じると思います。
私は「UDA式30音トレーニング」で発音の勉強をしました。


大切なのは「楽しみなこと」と「嫌なことを少し頑張る」こと

私にとって「嫌なこと」は、英単語を覚えることです。
「楽しみなこと」は英語で書かれた小説を読むことでした。毎日小説を読む前に、嫌いな英単語に取り組むようにしました。今まで英単語を覚えることから逃げ続けていたのですが、早く先を読みたい気持ちを抑えて小説を毎日少しづつ読むことで、毎日単語帳を開く癖がつき、単語を覚えるモチベーションに繋がりました。今は単語を覚えることが英語を楽しむためにどれほど重要か納得しているので、小説を読み終えても毎日単語帳を開いています。

海外ドラマもリスニングのため!というよりは、楽しみに見ている方が強いです。リスニングレベルを気にせず、見たいものを見ています。もちろん全ては聞き取れないので、聞き直したいと思う表現をできるだけ見つけようと思いながら見る程度です。でも自分が知ったばかりの単語や表現が会話に出てきたことに気づいた時は、嬉しくなります。

英語で書かれた本の選び方を書いた記事で触れましたが、海外ドラマもおもしろい!続きが見たい!と思わなければ続きません。
「英会話初心者におすすめの海外ドラマ」をネットで調べるといろいろ出てきますが、私はどれもあまり興味が湧きませんでした。みなさんにとっておもしろいと思えるドラマを見つけてください。

英語の存在意義が変わる

アメリカに住んでいた時は、英語の勉強したことはすぐに日常生活の中で身近なものになり、自分のものになった実感がありました。日本に住んでいる今は周りで英語を使う環境にないけど、いろいろな英語の教材に手を出すことで生まれる相互効果で、英語を身近に感じることができるようになりました。
英語は勉強してもなかなか習得できない遠い存在ではなく、アメリカにいた時にコミュニケーションのためのツールとして存在していたように、今は生活を楽しむためのツールとして英語が存在するようになりました。


本当は先日まで取り組んでいた英文法教材の復習をしっかりしようと思っていたけど、ちょっと休憩したくなって現実逃避・・・。そのおかげでいろいろなことにちょっとずつ手を出して新たな発見がありました。
もちろん英文法の復習からも逃げず、怠け癖を出さず頑張りたいです。

[temp id=2]

-大人のやり直し英語
-