初心者の子供の英語

子どもの英語教育は何歳から始めるべき?3歳の英語維持を辞めた理由

英語の早期教育

子どもの英語教育は何歳から始めたらいいの?

子どもの英語教育を始めるのは早ければ早い方がいいとか、「英語脳」とか「英語耳」という言葉も良く聞くし、幼児期からの英語教材もあふれているし、実際におうち英語に取り組んでこんなに英語ができるようになったよ!という口コミもよくみかけます。

そういう情報の多さに圧倒されて、「うちの子も何かしなきゃ…」と親として不安になったり焦ったりしてしまいますよね。

この記事に書いていること

  • 子どもの英語教育は何歳から始めるべき?
  • 3歳でアメリカから帰国した息子の英語維持をしなかった理由

この記事を書いている私は、3年間アメリカに住んでいたことがあります。

日本に帰国したのは息子が3歳の時です。

日本語ではおしゃべりな息子は、英語ではおしゃべりとまでは言わなくても、先生やお友達とは英語でコミュニケーションをとることができるようになっていました。

日本に帰国後、息子の英語教育をするべきか悩みましたが、しないことに決めました。

けいちょこ

英語に限らず、子供の早期教育について知ったこと、感じたことをまとめました。

子供の英語教育は何歳から始めるべき?

私は考える子どもの英語教育開始時期は、

子供が英語に興味を持ち始めた時

です!

英語に対する興味を引き出すように関わってみて、興味を持てばその時、しばらく様子を見て興味を持たなければその時じゃない、というだけです。

興味があれば2歳からでも小学校高学年からでも早くも遅くもない、英語開始適齢期だと思います。

何歳までに〇〇した方がいい、などといろいろなことが言われている子どもの英語教育ですが、子どもの個性も親の個性も環境も違う条件で、子どもの英語教育を始める時期を「何歳」とするのは難しいと思います。

子どもの年齢と英語習得能力に関わる相関を示すデータもありますが、10歳以下の子供が日本で英語学習をするとき、年齢よりも重要なファクターがあると思っています。それは、

適切な親のサポート

です。

子供の英語教育の効果を引き出すために必要なこと

子供の早期教育に関する情報が溢れている今、

いろいろなことを学んで、どんどん吸収する子供の時間を少しでも無駄にしたくない…。

あの時ちゃんとやらせてあげていれば良かったと後悔したくない…。

親としてそう思いますよね。

小さい子がびっくりするほどピアノやサッカーが上手だったり、英語に関しては1、2歳のお子さんが英語教材に取り組んでいたり、お母さんの絵本の読み聞かせが英語だったり、中にはネイティブのような日本育ちのお子さんの動画を目に(耳に)することもあります。

みなさん本当にすごいです。

そして学習面では、多くのお子さんが小学校入学前から公文や通信教育などで学習の先取りをしています。

一方で、早期教育に関してはメリットと同時にデメリットや弊害もあるのでは、と効果を疑問視する声も多いですよね。

でも確かに、突き抜けてすごい人は早期教育を受けている人も多い。

それは多分

親の努力が想像をはるかに超えてすごい!

ということだと思う。

野球のイチロー選手もサッカーの久保選手も、ご本人の努力はもちろんのこと、ご両親の努力も素晴らしいですよね。

子供の早期教育の効果を引き出すために重要なのは、適切な親のサポートだと思います。

英語も小さいうちから始めるのが良いといわれている

英語も小さいうちからが良いとよく聞きますよね。確かにそうかもしれない。

おうち英語を実践しているママの子供は、日本育ちだけどネイティブかと思うようなレベルのお子さんがいることも事実。

そういう話を見たり聞いたりすると親として焦るかもしれないけど、おうち英語を実践して成功しているママ(パパ)の努力は超絶めちゃくちゃすごい。

サラッとやっているように見えても皆さんすごく努力されているし、親が英語を一生懸命頑張った経験がある方が多い。

同じようにできそうなら、「子供が英語に興味を持った時」とか言ってないで、早期教育のメリットをいかしてお子さんをバイリンガルにしてあげられるかも。

でもそうでないなら、子供自身が英語に興味を持っているかどうかわからない時から英語を始めてバイリンガルへと育てていくには、評判が良い英語教室に通っているだけでは足りないような気がする。

子供の早期英語教育に必要なもの、それはママ(パパ)の努力です。

3歳でアメリカから帰国した息子の英語維持をしなかった理由

幼児期に「英語を話せる」ことより優先したいこと

先ほども述べましたが、息子はまだ一人で歩けない頃に渡米し、3歳で帰国しました。

帰国後、息子は英語で何かをすることにそれほど興味を示さず、日本語の環境を好んでいると感じたので、私は息子の英語維持に関しては何もせず、息子はあっという間に英語を忘れていきました。

そして小学校に入学する頃、英語に興味を持ち始めたので英語学習を開始しました。

完全にゼロからのスタートです。

もったいない!と本当によく言われます笑

でも私は子供が小さいうちからバイリンガルに育てたいと思わなかった。

正直にいうと、一番の理由は、私がバイリンガル子育てを目指すママ達のようには頑張れないから

でもそれだけじゃない。

母国語である日本語でしっかり物事を考えられるようになったり、難しい場面でも自分を信じてなんとか前に進んでいく力とか、すぐに投げ出さずに粘り強く取り組む姿勢とか、そういったものを身につけてほしいと思ってる。

そういう力が少しずつ育って英語にも興味を持つようになると、親が頑張って主導しなくても自分の力で進もうとする。

親はサポートするだけ。でもサポートは丁寧に。

英語は「ネイティブ並み」を目指さず、「少し得意と感じる」くらいでもいい。


子供たちがもう少し成長して、英語を本気でやろう!と思った時に自分で学んでいくものだと思う。

だからその基礎を作れたらいい。

英語に興味を持っているなら、英語で楽しいことをたくさん経験できたらいいし、楽しいことを生活の中に取り込みたい。

私は英語が得意ではないし、バイリンガル子育てを目指すママほど教育熱心ではないけど、それくらいならできることはあるはず!

アメリカに住んで感じた「流暢に話せる」ことより重要なこと

実際アメリカに住んでみて感じたのは、英語を流暢に話せるか、よりも「何を話すか」が重要だということ。

私は英語が苦手だからなかなか周りの人と流暢に会話できなかったけど、自分が時間をかけて頑張ってきたことや人よりちょっと詳しいことがあれば、しどろもどろな英語でも興味を持って耳を傾けてくれて自分を理解してくれる。

流暢な英語を話せても話す内容がなければ、良いコミュニケーションはなかなか取れないですよね。

けいちょこ

もちろん流暢に英語が話せない私は、話せることがない場面では存在しないも同然だったけど。。。

 

子供の英語力ばかり気にかけるのではなく、いろんな経験をして人として成長してほしい。

もっと英語を勉強したい、と思った時に自分で頑張ってね!と思ってます。

読んでみて良かった本をご紹介します。

もっと子供が小さい時期や妊娠中に出会いたかった本ですが、今読んでも学びの多い本でした。


子育てしていると、英語に限らず子供の学習面についてものすごく意識の高いお母さんが多いな、と思います。

周りがみんなそんな話をしていると、不安になったり焦ったりしてしまうけど、一時の学習面での先取りよりも、親が一生懸命やらなくても「自分でやろうと思った時に自分で前に進める力」がついている人に育つといいなと思ってます

以上、私の個人的な思いを書いてみました。

最後まで読んでくださってありがとうございます!

今日も一歩前へ。

-初心者の子供の英語
-