子育て・健康

Z会で定期テスト対策してわかったこと【中学生新タブレットコースの口コミ】

Z会中学生タブレット定期テスト対策

Z会の中学生タブレットコースだけで定期テスト対策ってできるの?

Z会タブレットコースの定期テスト対策の内容を知りたい!

この記事では、こういった疑問を解決します。

塾に行かず、タブレット学習だけで中学校の定期テスト対策ができたら、費用も子供の時間も大幅に節約できますよね。

でも子供のお友達は、塾で平日も土日も勉強を頑張っていて、塾の定期テスト対策では過去問まであるとか。

けいちょこ

本当に塾なしで大丈夫か、中学校の中間テストを終えるまで親として少し不安な気持ちもありました。

この記事でわかること

  • Z会タブレット学習だけで中学生の定期テスト対策をしてわかったこと
  • Z会の中学生定期テスト対策の内容(新タブレットコース)

結論から言うと、Z会中学生タブレットコースだけで定期テスト対策はバッチリできました。

自宅で自分のペースで効率的に勉強できたので、子供は自分の好きなことに時間を使う余裕もあり、費用も塾に比べて圧倒的に安い!

2021年リニューアル後のZ会中学生タブレットコースに入会して良かったです。

塾なしZ会だけで中学定期テスト対策してわかったこと

Z会中学生タブレット定期テスト対策公式サイト

子供のZ会 契約内容

  • 5教科 国語/数学/英語/理科/社会
  • 英語は標準的なタブレットコース
    (他に、学校英語にとらわれない Asteria英語コースあり)

使ってみてわかったAIによる効率的なテスト対策

試験範囲を自分で設定できるから効率的

教科書に対応した内容で、科目ごとに自分で細かく試験範囲を設定できます。(設定方法は後述)

試験範囲外の出題に時間を使うこともなく、効率的でした

「紙に書く」学習

Z会中学生タブレット定期テスト対策 紙に書く

タブレット学習で懸念していたことの一つは、ペンとノートを使って「紙に書く」学習スタイルの方が身につきやすいのではないか、ということでした。

Z会の定期テスト対策は、タブレットに表示された問題をノートに書いて解く、というもので、この点もとても良かったと思っています。

理解度の低い問題は何度も繰り返して解けるようになる

間違えた問題や、一部不正解の問題など、理解度の低い問題は繰り返し出題されます。

基礎的な問題から思考力が必要な応用問題までカバー

学習到達度をAIが分析して、学習到達度の低い単元は基礎的な問題が、学習到達度の高い単元は応用問題が出題されます。

Z会は難問が多いイメージを持っていましたが、子供の理解度をチェックしながら応用問題へと導いてくれるつくりになっています。

Z会だけで定期テスト対策した結果

Z会には考える力が必要な問題も用意されており、子供は特に国語と数学では、中学校の定期テストがZ会に比べて簡単だったという印象を持ったようです。

Z会公式サイトはこちら

Z会の中学生定期テスト対策の内容(新タブレットコース)

定期テスト対策設定

Z会中学生タブレット定期テスト対策 日程

「各種設定」から定期テストの日程を設定すると、1週間前からホーム画面に「定期テスト対策期間」と表示され、定期テスト対策を意識できます。

Z会中学生定期テスト対策 タブレット

まず、教科書が学校のものに設定されているか教科ごとに確認。

Z会中学生タブレット定期テスト対策 教科書設定

①定期テストの出題範囲にチェック

②各単元のうち一部分のみ出題範囲に含まれる場合でも、プルダウンメニューから単元内の項目を一つずつチェック可能(この機能はありがたかったです)

Z会中学生タブレット定期テスト対策 範囲設定

\設定完了!定期テスト対策開始!/

数学

「紙に書いて解く」つくりになっていて、とても良かったです。

教科書に載っていないような応用問題には苦戦していましたが、何度か解いているうちに理解が深まっているようでした。

中学校の定期テストより難しいと感じるレベルの問題も出ていたので、定期テスト対策としては解く必要はなかったのかもしれませんが、難問に挑戦することで単元への理解が深まり、こういった思考力を高める問題があるのはありがたいです。

英語

英検®︎などの資格を持っている場合、試験結果を入力することで問題のレベルを実力に合わせることができます。

(※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。)

最初は基礎的なレベルに設定されており、子供は英検®︎2級を取得済なので試験結果を入力すると、単元は同じでもそれまでの問題より難易度上がった問題が出題されていました。

英語に関しては小学生の時からオンライン英会話で学習しているので、定期テスト対策の問題は少し見ただけでほとんどやりませんでした。

国語

読解力を問う問題のレベルが高いように感じました。

解説のポイントがわかりやすいので、勉強しやすかったと思います。

難問解説を読んで理解難問という良いサイクルができ、続けていけば学習効果がありそうだなと感じました。

今回の定期テスト範囲では、話し言葉で書かれた文章を要約して書き言葉としてまとめる形式の問題が含まれており、何度もそういった問題に取り組むことで、明らかに最初の頃に書いていた文章とは違う文章が書けるようになっていました

理科・社会

覚えて解く問題ばかりではなく、文章で答えるような問題なども出題されていました。

解答や解説を確認しながらいろいろな問題に取り組めたことで、問題パターンに慣れ、理解も深まったようでした。

ただ社会に関しては、Z会の定期テスト対策では出てこなかったような問題もいくつか定期テストで出題され、5教科の中では他に比べて得点が伸びませんでした。

塾に通っているお友達も社会が難しかったと言っていたらしいので、今回がイレギュラーだったのかもしれません。

Z会中学生タブレットコースの費用

ポイント

  • 1教科のみの受講もできます。
  • 通常の料金に定期テスト対策も含まれており、定期テスト対策のための追加料金はかかりません。

【中1の費用】

 1教科
(英数国理社のうち)
1ヶ月あたりの比較
5教科セット
1ヶ月あたりの比較
Z会専用タブレット
毎月払い2,380円9,900円1,650円✖️12回
6ヶ月一括払い2,261円9,305円9,900円✖️2回
12ヶ月一括払い2,023円8,115円19,800円✖️1回

価格は税込です。

※ Z会専用タブレット代金は19,800円です。
12ヶ月未満で受講の中止・タブレットコースからテキストコースへの変更などの場合、29,800円になり、差額を精算することになります。

※英語は標準的な中学生タブレットコースの他に、学校英語にとらわれないAsteria英語コースがあります。
また、5教科以外に作文コース、高校入試特訓コースもあり、中学生タブレットコースに追加して受講できます。

※Asteria英語、作文コース、入試特訓コースは、それぞれ1受講あたりの費用が標準の1教科とは異なります。
公式サイトで確認してください。

Z会公式サイトはこちら

 

Z会中学定期テスト対策 新タブレットコースの口コミまとめ

実際に定期テストを受けるまでは、塾なしタブレット学習のみで中学校の定期テスト対策ができるのか不安もありましたが、 Z会の中学定期テスト対策のみでしっかり対策できました。

Z会の中学生向け通信教育は2021年にリニューアルされましたが、新タブレットコースのAIによる分析に基づいた定期テスト対策は、効率的で効果もしっかり感じられる内容でした。


中学生の子供の学習面での不安がなくなり、子供にとっても自分のペースで日々の予習、復習、中間・期末テスト対策ができるので、親子そろって満足しています。

リニューアル後のタブレットコースの詳細は、公式サイトで確認できます。

けいちょこ

資料請求すると、webサイトよりもさらに詳しい情報を知ることができ、Z会のタブレット学習を具体的にイメージできました。

今日も一歩前へ。

-子育て・健康
-